スポンサード リンク

不動産所得における主な法定耐用年数について解説します。下記の表で不明なものはお近くの税務署におたずね下さい。

建物の法定耐用年数表 (年)

細目 鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)
・鉄筋コンクリート造(RC造)
レンガ造
・石造
・ブロック造
金属造(S
造)
木造・合成樹脂造 木骨モルタル造
骨格材の
肉厚が
4mmを
超えるもの
骨格材の
肉厚が
3mmを
超え、
4mm以下
のもの
骨格材の
肉厚が
3mm以下
のもの
事務所用のもの 50 41 38 30 22 24 22
住宅用のもの 47 38 34 27 19 22 20
飲食店用のもの
(延面積のうち木造内装部分の面積が3割を超えるもの)
34 38 31 25 19 20 19
飲食店用のもの
(延面積のうち木造内装部分の面積が3割以下のもの)
47 38 31 25 19 20 19
店舗用のもの 39 38 34 27 19 22 20

建物附属設備の法定耐用年数表

構造・用途 細目 耐用年数
給排水・衛生設備、ガス設備    15
電機設備 (照明設備を含む) 蓄電池電源設備 6
その他のもの 15
アーケード・日よけ設備 主として金属製のもの 15
その他のもの 8
店用簡易装備    3

構築物の法定耐用年数表

構造・用途 細目 耐用年数
舗装道路・舗装路面 コンクリート敷・ブロック敷・レンガ敷・石敷のもの 15
アスファルト敷、木敷、レンガ敷のもの 6
ビチューマルス敷のもの 3

関連情報: 法定耐用年数, 減価償却, 中古物件の耐用年数

Tags: